橋本多佳子

はしもとたかこ

四Tとして知られる女流俳人

1899年(明治32年)1月15日~1963年(昭和38年)5月29日。東京市本郷区龍岡町(文京区)出身。杉田久女山口誓子に師事。「馬酔木」同人。星野立子中村汀女三橋鷹女とともに四Tと称された。

▶ 橋本多佳子の俳句

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に


橋本多佳子全句集 (角川ソフィア文庫) [ 橋本 多佳子 ]
1584円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送可能
【楽天ブックスならいつでも送料無料】 【楽天ブックス】

 橋本多佳子の年譜(5月29日 多佳子忌)
1899年 明治32年 1月15日、東京市本郷区龍岡町に生まれる。(*1)
1917年 大正6年 建築家・実業家の橋本豊次郎と結婚。
1919年 大正8年 長女を出産。
1920年 大正9年 福岡県小倉市に「櫓山荘」を建築し移住。
1921年 大正10年 次女を出産。
1922年 大正11年 高浜虚子の来遊を期に句作をはじめ、杉田久女に師事。
1923年 大正12年 三女を出産。
1924年 大正13年 樺太・北海道を北原白秋と共に夫妻で旅行。四女の橋本美代子を出産。
1927年 昭和2年 「ホトトギス」に「たんぽぽの花大いさよ蝦夷の夏」が初入選。
1929年 昭和4年 大阪の帝塚山に転居。
1935年 昭和10年 山口誓子に師事。水原秋桜子の「馬酔木」同人となり、「ホトトギス」を離脱する。
1937年 昭和12年 夫が9月30日に逝去。葬式後、ノイローゼとなる。
1944年 昭和19年 娘とともに奈良市あやめ池に疎開。
1946年 昭和21年 西東三鬼平畑静塔らと「奈良俳句会」を結成。
1948年 昭和23年 山口誓子の「天狼」創刊に参加し同人となる。「七曜」を創刊。
1951年 昭和26年 「七曜」主宰。
1960年 昭和35年 胆嚢炎で入院。
1963年 昭和38年 2月に再入院し、5月29日に肝臓・胆嚢癌にて死去。享年64。
*1 山谷多満として生まれる。祖父は箏の山田流家元、父は官僚。