身に入む(みにしむ)

三秋の季語 身に入む

身にしむ(みにしむ)

季語 俳句秋の冷気は寂しさを増長し、身に深くしみてくる。後拾遺和歌集に、よみ人しらずの歌が載る。

風の音の身にしむばかり聞ゆるは 我が身に秋や近くなるらん

野ざらしを心に風のしむ身かな  松尾芭蕉

インターネット歳時記


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA