短日(たんじつ)

三冬の季語 短日

日短(ひみじか)

季語日没が早くなるに従い、昼の時間が短く感じられる冬。冬至を境に、昼の時間は次第に長くなってくるものの、東京では1月下旬になってようやく、日没時間が17時をまわる。
春は日永、夏は短夜、秋は夜長の季語がそれぞれにある。

妻よ我が短日の頬燃ゆるかな  石田波郷

インターネット歳時記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA