如月(きさらぎ)

仲春の季語 如月

衣更着(きさらぎ)きさらぎ

季語旧暦二月。まだ寒さが残り、衣をさらに重ね着ることがあるから「衣更着」となったという語源説がある。奥儀抄によると、「のどかな正月が過ぎると冴え返って、衣を更に着る」とある。
如月の和歌としては、新古今和歌集に載る西行法師の

ねがはくは花のもとにて春死なむ その如月の望月のころ

が、あまりに有名。

衣更着のかさねや寒き蝶の羽  広瀬惟然

インターネット歳時記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA