冬の蝶(ふゆのちょう)

三冬の季語 冬の蝶

冬蝶(ふゆちょう)凍蝶(いてちょう)

季語アゲハチョウやモンシロチョウなど、大多数の蝶は、蛹となって越冬するが、中には、卵や幼虫、成虫の形態で越冬するものもある。
冬の蝶と言う場合、モンシロチョウやモンキチョウなどの11月頃まで見られる種類と、タテハチョウなどの越冬種に分かれる。越冬種は、できるだけ動かずに寒さをしのぐが、気温が上昇した日だまりに見かけることが稀にある。

▶ 関連季語 蝶(春)

冬蝶の影をはなしてとびにけり  松本ヤチヨ
凍蝶を過のごと瓶に飼ふ  飯島晴子

インターネット歳時記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA