蝶(ちょう・てふ)

三春の季語 

紋白蝶(もんしろちょう)・蝶々(てふてふ・ちょうちょう)・胡蝶(こちょう)・黄蝶(きちょう)

季語同じ蝶でも、「揚羽蝶」は夏の季語となる。蝶のことを新撰字鏡では「かわひらこ」とし、亡くなった人の魂をも表した。川の近くでひらひら飛んでいたからこの名前がついたと言われ、蝶の古名とされるが、カワトンボとの混同ではないかとも疑われる。
因みに蝶は、奈良時代に唐から入ってきた言葉で、「てふ」と読んだ。万葉集に蝶の歌は載らないが、巻五の梅の歌の序文に1箇所だけ「新蝶」として出てくる。古今和歌集には、僧正遍照の和歌として

散りぬればのちはあくたになる花を思ひ知らずも惑ふてふかな

がある。

白壁の浅き夢みし蝶の春  秋元不死男



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA