季語|四月馬鹿(しがつばか)

仲春の季語 四月馬鹿

万愚節(ばんぐせつ)エイプリルフール(えいぷりるふーる)

季語と俳句で四月馬鹿4月1日に嘘をついても良いという風習を「エイプリルフール」というが、日本では「四月馬鹿」といい、漢語的表現で「万愚節」とする。俳句で「エイプリルフール」を用いることは至難の業で、「四月馬鹿」や「万愚節」とすることが一般的である。

西洋発祥の習慣と見られ、日本には大正時代に伝わったことは分かっているが、その起源ははっきりしない。有名な起源説として、3月25日を新年として4月1日まで祭りを行っていたところ、1564年のフランスで1月1日を新年とする暦を採用したため、反発した民衆が4月1日を「嘘の新年」としたというものがある。

【四月馬鹿の俳句】

当てつけに死んでやらうか万愚節  鈴木真砂女

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA