季語|古草(ふるくさ)

初春の季語 古草

古草若草の中に残る前年の枯草のこと。万葉集に東歌で

おもしろき野をばな焼きそ古草に 新草まじり生ひは生ふるがに

がある。

近年ではインターネット上に「草」があふれているが、これは「笑い」を意味する俗語。「warai」を短縮した「w」で表現していたが、これを重ねた「wwwwww」が草のように見えるところから「草」が使われるようになった。よって、「笑える」を「草生える」と表現する。

【古草の俳句】

古草も妹が垣根に芳しや  高浜虚子

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA