季語|蛍袋(ほたるぶくろ)

仲夏の季語 蛍袋

釣鐘草(つりがねそう)

蛍袋の俳句と季語キキョウ科ホタルブクロ属ホタルブクロは、北海道から九州の草原や道端に自生する多年草で、6月から7月頃に紫や白色の花をつける。花は袋状になっており、その中にを入れて遊んだことから「蛍袋」の名がついた。また、花の形が釣鐘に似ていることから「釣鐘草」とも呼ばれる。

【蛍袋の俳句】

ほたるぶくろ重たき光ひとつづゝ  山田みづえ

▶ 夏の季語になった花 見頃と名所

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA