千葉県の季語と俳句

千葉県の御当地季語

布施参(新春の季語)
正月初巳に、柏市布施の東海寺にある布施弁天に詣でること。

千葉笑(冬の季語)
大晦日の深夜から元日の未明に、仮装をして千葉寺に集い、人の良くない行いなどを罵り合い、笑って年を越した。明治時代に途絶えたが、近年復活し、大晦日の行事となっている。

千葉県を詠んだ俳句

あるときは舟より高き卯波かな 鈴木真砂女
鴨川市の吉田屋旅館(現:鴨川グランドホテル)の三女であった真砂女の代表句。銀座に小料理屋を開いたときも、この句から「卯波」と名付けた。

ご当地季語と御当地俳句