新潟県の季語と俳句

新潟県の御当地季語

浦佐の堂押(春の季語)
南魚沼市の普光寺で、3月の第1土曜日に行われる浦佐毘沙門堂裸押合大祭。日本三大奇祭の一つ。

花水祝(春の季語)
2月11日に堀之内八幡宮で行われる奇祭で、前年に結婚した新婿に神水を浴びせ、子宝や夫婦和合などを願う。

弥彦燈籠祭(夏の季語)
7月24日から26日に行われる彌彦神社の燈籠神事。

越後上布(夏の季語)
魚沼郡一帯で生産される、平織の麻織物。

越後ちぢみ(夏の季語)
魚沼郡一帯で織られていた皺のある先染めの高級麻織物。

佐渡鱈(冬の季語)
スケトウダラ。「秉穂録」に、佐渡にはスケトウという魚がいて、漢字で「佐渡」と書くと記述されている。

越後兎(冬の季語)
ノウサギの亜種。夏は黒みを帯び、冬は耳の先だけ黒い白色をした兎。

晩三吉(冬の季語)
新潟県原産の梨。おくさんきち。貯蔵梨として有名。

新潟県を詠んだ俳句

荒海や佐渡によこたふ天河 松尾芭蕉
元禄2年(1689年)の「おくのほそ道」の旅で詠まれた七夕の句。「本朝文選 銀河ノ序」や真蹟懐紙では、出雲崎で詠まれたことになっている。

妙高に雲動かねど秋の風 大須賀乙字
大正8年(1919年)、赤倉温泉に向かう途中で詠まれた。

八雲わけ大白鳥の行方かな 沢木欣一
「昭和終り平成となりし日、瓢湖にて」の前書きがある。

ご当地季語と御当地俳句