角川源義

かどかわげんよし

1917年(大正6年)10月9日~1975年(昭和50年)10月27日。富山県中新川郡東水橋町(富山市)の商人の家に生まれる。俳号は源義(げんぎ)・水羊(すいよう)。角川書店(KADOKAWA)創立。角川春樹の父。角川照子と再婚。

國學院大學で、柳田国男・折口信夫・武田祐吉の指導を受けた後、中学校教師を経て、1945年に角川書店を設立した。句作は中学時代から行っており、1952年6月「俳句」創刊。1955年「角川俳句賞」設立。1967年「蛇笏賞」設立。1958年12月、「河」創刊・主宰。
1975年10月21日、「後の月雨に終るや足まくら」を最後の俳句とする。忌日は「秋燕忌」というが、これは「篁に一水まぎる秋燕」から来ている。

▶ 角川源義の俳句

 インターネット歳時記