俳人検索結果



角川源義 

春の雲家禽のごとく尾長来る 
逃げ水や人を恃みて旅つづく 
潮しぶき来る北窓を塞ぎけり 
鳥影や遠き明治の冬館 
雪達磨目を喪ひて夜となる 
神留守の汐木を焚きて驕るかな 
一茶忌や雪とつぷりと夜の沼 
花あれば西行の日とおもふべし 
何求めて冬帽行くや切通し 
篁に一水まぎる秋燕 
一盞の冷酒に命あつきかな 
神の井やあかねにけぶる冬木の芽 
春一番奥の歯に蓄む貝の芯 
後の月雨に終るや足まくら 
鰯売る坂逆光に照り出さる 
巨き漢の尿は沼なす枯芭蕉 

都道府県別俳人一覧

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に