山口素堂

やまぐちそどう

「目には青葉山ほととぎす初鰹」で知られる俳人・山口素堂

寛永19年5月5日(1642年6月1日)~享保元年8月15日(1716年9月30日)。甲斐国巨摩郡上教来石村(北杜市)出身。本名は信章、幼名は重五郎、通称は勘兵衛。北村季吟に師事。
甲府魚町で酒造業を営む家庭に生まれ、20歳頃に家業を弟に譲り、江戸に出て林鵞峰に漢学を学んだ。仕官していたが、37歳で致仕。俳諧のほか、茶・書・能・詩・歌に通じる。妻は娶らず隠士として余生を送り、門弟はとらず、高尚な人物評がある。
50歳を過ぎて指揮した治水工事に功があったとして、郷土では知られる人物でもある。

蓮池翁とも呼ばれるが、これは、深川に蓮池がある別荘を持っていたことに因る。晋の恵遠法師に倣い、蓮社の交わりを持ち、「社中」と称す交流を行う。以後、俳家の社中は流行となる。
松尾芭蕉とは延宝3年(1675年)に初めて会い、以後友人としての親交があり、芭蕉の俳諧に大きな影響を与えた。芭蕉追善句として、「哀れさやしくるゝ頃の山家集」がある。
貞享2年(1685年)頃には葛飾に移住し、俳諧の一流派である「葛飾風」を起こした。有名な句に「目には青葉山ほととぎす初鰹」がある。
辞世は「初夢や通天のうきはし地主の花」。墓所は谷中の感応寺。

▶ 山口素堂の俳句



元禄名家句集略注 山口素堂篇 [ 田中善信 ]
1980円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
【楽天ブックス】