俳人検索結果



鳴戸奈菜 

春昼の紐燃えながら動くなり 
立膝をすればはるかに春の雷 
韓国の愁いの滝というを見し 
形而上学二匹の蛇が錆はじむ 
桃の花死んでいることもう忘れ 
牡丹見てそれからゴリラ見て帰る 
秋の雷汝の夢見し悔しさよ 

【中古】 月の花 鳴戸奈菜句集 / 鳴戸 奈菜 / ふらんす堂 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】
30925円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送可能
【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】 【もったいない本舗 楽天市場店】