俳句

俳人検索結果



黒田杏子 

修二会僧たらたらたらと火の粉かな 
一の橋二の橋ほたるふぶきけり 
秋立つと酒田の雨を聴くばかり 
まつくらな那須野ケ原の鉦叩 
うつくしきもの献饌の走り藷 
蹤いてゆく十一月の石畳 
句を捨てゝしづかに年の改まり 
髪剪つて六日の風の新しく 
白葱のひかりの棒をいま刻む 
ねぶた来る闇の記憶の無尽蔵 
花満ちてゆく鈴の音の湧くやうに 

【中古】 黒田杏子の俳句 櫻・螢・巡豊 / 高田正子 / 深夜叢書社 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】
4099円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】 【もったいない本舗 楽天市場店】