俳句例句(季語から)



 

草の戸に我は蓼くふほたるかな  宝井其角
蛍見てあやふき橋を戻りけり  山本昭子
薄倖を頒くるごとくに蛍売る  文挾夫佐恵
竹林に蛍の星座組まれけり  渡辺恭子
蛍獲て少年の指みどりなり  山口誓子
蛍一つ飛ぶは飛ばざるより淋し  後藤綾子
蛍火の明滅滅の深かりき  細見綾子
蛍火やまだ水底の見ゆる水  福永耕二
一の橋二の橋ほたるふぶきけり  黒田杏子
おおかみに蛍が一つ付いていた  金子兜太
蛍かごラジオのそばに灯りけり  瀧井孝作
人殺ろす我かも知らず飛ぶ螢  前田普羅
螢の夜老い放題に老いんとす  飯島晴子
雪舟は多くのこらず秋蛍  田中裕明
よろけやみあの世の螢手にともす  横山白虹
ゆるやかに着てひとと逢ふ蛍の夜  桂信子
じゃんけんで負けて螢に生まれたの  池田澄子
こいこいといえど蛍がとんでゆく  上島鬼貫
もえやすく又消えやすき螢哉  向井千子
手のうへにかなしく消る螢かな  向井去来
田のへりの豆つたひゆく蛍かな  万乎
初めての蛍水より火を生じ  上田五千石
蛍這へる葉裏に水の迅さかな  長谷川零余子
せまり来て息ふくかたや飛ほたる  斯波園女
うまれた家はあとかたもないほうたる  種田山頭火
蛍獲て少年の指緑なり  山口誓子

▶ 季語検索

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に