俳人検索結果



平畑静塔 

えむぼたん一つ怠けて茂吉の忌 
黄落や或る悲しみの受話器置く 
寒菊に文字生きしまま灰の紙 
山姥は枝垂桜に紅を乞ふ 
徐々に徐々に月下の俘虜として進む 
藁塚に一つの強き棒挿さる 
胡桃割る聖書の万の字をとざし 
壺の国信濃を霧のあふれ出づ 
座る余地まだ涅槃図の中にあり 
身半分かまくらに入れ今晩は 
積草の青き底まで端午の日 
枯すすき海はこれより雲の色 
うすら氷の模様の底や常闇に 
猫の子の鈴も中也の詩を訪ひに 

都道府県別俳人一覧

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に