俳句例句(季語から)



花火 

ねむりても旅の花火の胸にひらく  大野林火
暗く暑く大群衆と花火待つ  西東三鬼
なかなかに暮れぬ人出や花火まつ  高野素十
両国の花火聞ゆる月夜かな  正岡子規
遠き闇終の花火と知らで待つ  野澤節子
花火の夜父逝きし日と縁に居る  福田蓼汀
雨又も降りきし花火つゞけ打つ  星野立子
花火屑おしろい花に掃き寄せて  細見綾子
仕掛花火のけぶり流るゝ街の空  富田木歩
花火尽きて美人は酒に身投げけむ  高井几董

▶ 季語検索

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に