びいと啼く尻声悲し夜の鹿

びいとなく しりごえかなし よるのしか

死のひと月前に詠まれた芭蕉句の面白さ

「笈日記」(各務支考編1695年)にある松尾芭蕉の句。笈日記には下記のようにある。

船をあがりて、一二里がほどに日をくらして、猿沢のほとりに宿をさだむるに、はい入て宵のほどをまどろむ。されば曲翠子の大和路の行にいざなふべきよし、しゐて申されしが、かゝる衰老のむつかしさを、旅にてしり給はぬゆへなるべしと、みづからも口おしきやうに申されしが、まして今年は殊の外によはりたまへり。その夜はすぐれて月もあきらかに、鹿も聲々にみだれてあはれなれば、月の三更なる比、かの池水のほとりに吟行す。
 ひいと啼尻聲かなし夜の鹿 翁
 鹿の音の糸引はえて月夜哉 支考

また、元禄七年九月十日付の杉風宛書簡には、下記のようにある。

夏より七月迄之御状、尤遅速御座候へ共、段々無相違相達し候。久々伊賀に逗留故、便りも不到候。無心元元被存候。愈御無事に御勤御家内相替事無御座候哉、承度存候。お三女祝言、当月中に而可有御座と推量申候。定而御取込可被成候。定而首尾能相調可申と御左右待入候。
一、拙者先は無事に長の夏を暮し、漸々秋立候而、傾日夜寒の比に移候。いかにも秋冬間無恙暮し可申様に覚候間、少も御気遣被成まじく候。追付参宮心がけ候故、先大坂へむけ可出申去ル八日に伊賀を出候而、重陽の日南都を立、則其暮大坂へ至候而、洒堂方に旅宿、假に足をとゞめ候。名月は伊賀に而見申候。発句は重而可懸御目候。
 菊の香やならには古き仏達
 菊の香やならは幾代の男ぶり
 びいと啼尻聲悲し夜ルの鹿
いまだ句躰難定候。他見被成まじく候。追付爰元逗留之句共、可懸御目候。早々御状御こし可候成候。其元両替丁かするが町酒店にて稲寺や十兵と申もの、爰元伊丹屋長兵へ店にて候間、早々御左右承度候。子珊秋の集被催候や。左候はゞ爰元の俳諧一巻下し可申候。上方筋、別座敷・炭俵にて色めきわたり候。両集共手柄を見せ候。少は桃隣にも師恩貴キすべをわきまへ候へと、御申成候べく候。桃隣俳諧俄に替上り候と専沙汰にて候。急便早々
   九月十日 はせを
 杉風様
尚ゝ四五日中に又々委可申進之候。先大坂へ出候を御しらせの為、早々申残し候。

「びいと啼く尻声悲し夜の鹿」は、故郷の伊賀から大坂に向かう途中、元禄7年(1694年)9月8日(旧暦)に、奈良で詠まれた。
芭蕉は、9月10日に大阪で体調を崩し、ひと月後に亡くなっている。笈日記を見ると、この時すでに体調を崩していたのではないかと思われる。

芭蕉らしい侘の世界の中に置かれた句であるため、「ビーとあとを引く声で恋に鳴く夜の鹿は、あわれで悲しいことよ…」というような感じの意味だと紹介される。けれどもそれではストレート過ぎて、ありきたりで面白みに欠ける。
芭蕉は胃腸を悪くして亡くなったと言われている。下品ながらも、「ビー」は「尻声」に掛けられたものなのではないかと思う。9月10日の杉風宛書簡に「菊」や「仏」が並べ置かれたのも、文面では平静を装いながらも、迫りくる死の足音を暗に示し、「びいと啼く尻声悲し夜の鹿」に、病状を表したのではないだろうか。

▶ 松尾芭蕉の句



【小野竹喬・文化勲章】 「奥の 細道句抄絵(下)」 木版画5枚組(額1点付) 限定250部 外箱・化粧箱・額裏に傷み有り 版画本体は無傷です。差し替えてお楽しみ頂けます
220000円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
松尾芭蕉の奥の細道句集の中から10点を選び、日本画として描いた小野竹喬の晩年の傑作をアダチ版画研究所が木版画として摺り上げた作品です。上下各5点 定価格450,000円  【書画肆しみづ】