憂きことを海月に語る海鼠かな

うきことを くらげにかたる なまこかな

「春泥発句集」(1777年)所収の黒柳召波の句。現代では海月は夏の季語、海鼠は冬の季語に分類されるが、春泥発句集では冬之部「海鼠」の項に掲載されている。

「海月」には「暗げ」が掛かる。また、海鼠は海底に生活する生物で、「憂き」には海月の属性である「浮」が掛かる。召波の師の与謝蕪村に、「思ふこといはぬさまなる海鼠かな」の句があり、それに対応した句であると思われる。
古事記の「猨女の君」の項に、魚を集めて「天つ神の御子に仕えまつるか」と聞いたところ、海鼠だけが何も言わなかったため、天の宇受売に口を裂かれたとある。因みに「天つ神」は太陽神であるアマテラスのこと。アマテラスには月の神ツクヨミと、海の神スサノオの、二柱の兄弟神が存在する。この句は、この神話を絡めて鑑賞すると、面白み・滑稽さがより際立つ。


▶ 黒柳召波の句

俳句と季語俳句検索俳人検索俳句の辞世句俳句暦俳句関連骨董品