季語|夏の月(なつのつき)

三夏の季語 夏の月

月涼し

夏の月の俳句と季語単に「月」といえば秋の季語となる。

太陽の次に明るいことから、次(つく)から「つき」になったという説がある。なお、古事記で月の神は三貴神に数え上げられ、イザナギの左目から生まれた太陽神アマテラスの次に、右目からツクヨミとして生まれる。

【夏の月の俳句】

蛸壺やはかなき夢を夏の月  松尾芭蕉

 インターネット歳時記