菜の花(なのはな)

晩春の季語 菜の花

花菜(はなな)・菜種の花(なたねのはな)・菜種菜(なたねな)・油菜(あぶらな)

季語アブラナ科アブラナ属の花の総称で、種は菜種油の原料となることから、その植物を油菜ともいう。花を食するものは菜花という。晩春の季語ではあるが、年末に花をつけ始める地方もある。
「肴(な)」と語源が同じだと言われ、食用植物の花の意である。

菜の花や月は東に日は西に  与謝蕪村
菜の花の遙かに黄なり筑後川  夏目漱石



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA