冬の月(ふゆのつき)

三冬の季語 冬の月

冬満月(ふゆまんげつ)寒月(かんげつ)・月冴ゆ

季語単に「月」といえば秋。

月の語源は、太陽の次に明るいことから次(つく)が変化したものだと言われている。なお、古事記で月の神は三貴神に数え上げられ、イザナギの左目から生まれた太陽神アマテラスの次に、右目からツクヨミとして生まれている。

木の影や我影動く冬の月  正岡子規
寒月や我ひとり行橋の音  炭太祇



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA