たんぽぽ

仲春の季語 たんぽぽ

蒲公英(たんぽぽ)・鼓草(つづみぐさ)

季語キク科タンポポ属。在来種は外来種(セイヨウタンポポ)に比べ、背が低く、種の数が少ない。セイヨウタンポポは開花期間が長く、夏場でも見られる。

タンポポの名は、別名を鼓草と呼ぶことから、鼓を意味する小児語であったタンポポが使われるようになった。元はフチナ(藤菜)、タナ(田菜)などと呼ばれていたらしい。英語名の dandelion はフランス語の dent-de-lion に由来し、ライオンの牙を意味する。

たんぽぽの花の仔細に着陸す  稲畑汀子
たんぽぽや長江濁るとこしなへ  山口青邨



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA