季語|初松籟(はつしょうらい)

新春の季語 初松籟

初松風(はつまつかぜ)

初松籟の俳句と季語松の梢に吹く風や、その音を松籟という。富安風生の昭和15年の第3句集に「松籟」がある。

【初松籟の俳句】

有明山初松風をおろしけり  上田五千石

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA