季語|祭(まつり)

三夏の季語 

祭笛(まつりぶえ)神祭(かみまつり・かんまつり)・夏祭(なつまつり)・神輿(みこし)

祭の俳句と季語単に「祭」といった場合は夏の季語となる。神を「祀る」ことからきており、「奉る」と同源だと考えられている。また、「まつらう」に語源があるという説もあり、こちらは、神に順い奉仕することを指す。

【祭の俳句】

象潟や料理何くふ神祭  河合曾良
神田川祭の中をながれけり  久保田万太郎

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA