夏衣(なつごろも・なつぎぬ)

三夏の季語 夏衣

夏着(なつぎ)

季語木綿や麻を使った生地が多い夏衣。
夏衣を裁つ意から、「立つ」や「龍田」にかかる枕詞になる。また、「うすし」「ひとへ」「ひも(日も)」「裾野」「来て」にも掛かる。新古今和歌集に素性法師の歌として、

惜しめどもとまらぬ春もあるものを いはぬにきたる夏衣かな

がある。

着馴れても折り目正しや夏衣  小西来山



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA