猫柳(ねこやなぎ)

初春の季語 猫柳

季語 猫柳ヤナギ科ヤナギ属の落葉低木。早春に、葉が出る前に花穂が出る。
穂が猫の尻尾に似ているところから、「猫柳」の名がついた。小犬の尾にたとえて、「狗尾柳(えのころやなぎ)」とも言う。また、水辺を好むことから「川柳」の名もある。
万葉集では川楊(かわやぎ)と呼ばれ、3首に詠まれる。詠み人知らずの和歌に

山の際に雪は降りつつしかすがに この川楊は萌えにけるかも

がある。

猫柳高嶺は雪をあらたにす  山口誓子

 インターネット歳時記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA