春眠(しゅんみん)

三春の季語 春眠

春の眠り(はるのねむり)春眠し(はるねむし)春睡(しゅんすい)

季語 春眠春の夜の眠りは心地よい。ついつい貪ってしまうもの。
唐の詩人・孟浩然の「春曉」は、あまりに有名。

春眠不覺曉
處處聞啼鳥
夜來風雨聲
花落知多少

「春眠暁を覚えず」である。清少納言は対抗するかのように、「春はあけぼの」と語り始めるが…

春眠のこの家つつみし驟雨かな  星野立子

 インターネット歳時記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA