季語|暖か(あたたか)

三春の季語 暖か

ぬくし

季語と俳句で暖か春は「暖か」、夏は「暑し」、秋は「冷やか」、冬は「寒し」。暑くも寒くもなく、ほどよい感じは、心に余裕を生む。金銭的に余裕があることも、「懐が暖かい」などと表現する。
万葉集に沙弥満誓の和歌で

しらぬひ筑紫の綿は身につけて いまだは著ねど暖かに見ゆ

とあるように、「暖か」は色にも現れる。

【暖かの俳句】

あたたかな雨が降るなり枯葎  正岡子規

 インターネット歳時記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA