春の野(はるのの)

三春の季語 春の野

春野(はるの)

季語 俳句雪が解けて、草花が芽吹く。春の野は賑やかで、変化が激しい。万葉集にも「春の野」は多く歌われ、山部赤人には

春の野にすみれ摘みにと来しわれそ 野をなつかしみ一夜寝にける

大伴家持には

春の野に霞たなびきうら悲し この夕かげに鶯鳴くも

がある。

春の野や何に人行き人帰る  正岡子規

インターネット歳時記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA