季語|蛇穴を出づ(へびあなをいづ)

仲春の季語 蛇穴を出づ

蛇出づ(へびいず)

季語と俳句で蛇穴を出づ「蛇」は夏の季語であるが、「蛇穴を出づ」は春の季語になる。
地域によって違いも見られるが、アオダイショウやマムシ、シマヘビなどは、最高気温が15度になる3月頃に冬眠から覚める。啓蟄の頃である。

【蛇穴を出づの俳句】

けつかうな御世とや蛇も穴を出る  小林一茶
蛇いでてすぐに女人に会ひにけり  橋本多佳子

 インターネット歳時記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA