季語|風光る(かぜひかる)

三春の季語 風光る

光る風(ひかるかぜ)

季語と俳句で風光る俳諧歳時記栞草に、初学記の引用で「春晴日出て風吹を光風といふと、云々。これによりていふか。此詞古抄にみえず。」
晴れ上がった春の日に吹く風は、爽やかで光り輝くように感じられる。

【風光るの俳句】

陽炎のものみな風の光りかな  久村暁台
文鳥や籠白金に光る風  寺田寅彦

 インターネット歳時記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA