季語|花冷え(はなびえ)

晩春の季語 花冷え

花の冷え(はなのひえ)

花冷えの俳句と季語(東京自慢十二ヶ月三月吉原の桜・芳年・ 国会図書館オンライン)桜が咲くころに寒さがもどること、その寒さをいう。「暑さ寒さも彼岸まで」とはいうが、桜の咲くころは天気が変わりやすく、雪桜となることさえもある。
「花冷え」の言葉自体は比較的新しく、近代になってできた言葉だと考えられる。因みに、日本酒の世界にも「花冷え」があり、10℃に冷やした日本酒のことをいう。

▶ 関連季語 桜(春)

【花冷えの俳句】

花冷に欅はけぶる月夜かな  渡辺水巴
花すぎて花の冷えある昨日けふ  上村占魚

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA