俳句

季語|残花(ざんか)

晩春の季語 残花

残る花(のこるはな)

残花の俳句と季語名残の花とも言い、咲き残った桜の花を指す。「余花」とすると、夏の季語となる。

▶ 関連季語 桜(春)

【残花の俳句】

降り足りて三日月寒き残花かな  金尾梅の門
上人に一人の客や残る花  高野素十

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA