季語|茄子の花(なすのはな)

三夏の季語 茄子の花

茄子の花の季語と俳句「茄子の花」は夏の季語であるが、茄子の実も、「茄子」として夏の季語になっている。
4月から5月頃に植え付けた茄子は、6月から10月頃に花をつける。花をつけて約1か月で、茄子の実を収穫できる。
茄子の花は咲いたらほとんど結実することから、「親の意見と茄子の花は千に一つも無駄は無い」という慣用句が生まれ、「親の意見と茄子の花」という諺になった。

【茄子の花の俳句】

山の墓地まだ余地ありて茄子の花  松崎鉄之介

▶ 夏の季語になった花 見頃と名所

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA