俳句

季語|芭蕉の花(ばしょうのはな)

晩夏の季語 芭蕉の花

花芭蕉(はなばしょう)

芭蕉の花バショウ科バショウ属バショウは、7月から9月頃に花をつける。中国原産とされるが、英名はジャパニーズ・バナナである。花も実もバナナによく似ているが、実は種が多くて苦みが強いために食用に適さない。
バショウの花は雌雄異花で、花序の基部近くに雌花が先に咲く。花茎を垂らしながら伸ばした先端の苞の間に雄花が咲く。雌性先熟で自家受粉を避けている。

▶ 関連季語 芭蕉(秋)

【芭蕉の花の俳句】

法の世や在家のばせを花が咲く  小林一茶

▶ 夏の季語になった花 見頃と名所

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA