芭蕉(ばしょう)

初秋の季語 芭蕉

季語中国あるいは東南アジア原産のバショウ科の多年草で、英名は、シーボルトによりジャパニーズ・バナナと名付けられた。冬に葉を枯らすが、春には再び葉をつけ、稀に大きな黄色い花をつける。夏場に咲いた花は秋に実となるが、バナナに似た形状の、その実を食すことはない。
主に観賞用に植えられるが、琉球諸島では、葉鞘の繊維で芭蕉布が作られる。

渡来した時期は定かではないが、既に平安時代にはあったと見えて、紀乳母による「笹」「松」「枇杷」「芭蕉葉」を組み合わせた和歌が、古今和歌集に載る。

いささめに時まつまにぞ日は経ぬる 心ばせをば人に見えつつ

「芭蕉」はもともと漢名で、それを音読みしたものが「ばしょう」。和名類聚抄では、「苑(えん)」「甘蕉(かんしょう)」とも呼ばれていたとある。

江戸時代の俳諧師・松尾芭蕉は、天和2年(1682年)に「芭蕉」と号した。延宝8年(1680年)に江戸深川に居を移した時に、そこにあった芭蕉が立派なことから、弟子がその庵を「芭蕉庵」と呼んだことに因る。

▶ 関連季語 破芭蕉(秋)

この寺は庭一盃の芭蕉かな  松尾芭蕉

インターネット歳時記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA