雁(かり・がん)

晩秋の季語 

かりがね・初雁(はつかり)雁渡る(かりわたる)雁行(がんこう)

季語カモ目カモ科ガン亜科の水鳥の中でも、カモより大きくハクチョウよりも小さい一群をいう。マガン、カリガネ、コクガン、ハクガン、ヒシクイなどがこれに当たり、首が長く、雌雄同色の特徴を持つ。
V字になったりなどの編隊飛行で、冬鳥として北方から渡って来て、沿岸部の湖沼などで生活する。千葉県の印旛沼などが飛来地として知られていたが、現在では温暖化や開発の影響で、太平洋側では宮城県がマガンの飛来の南限となっている。その宮城県には、国内の8割に当たる10万羽が飛来するという、ラムサール条約にも登録されている伊豆沼・内沼がある。

現在では漢語を元にした「がん」が正式名だが、室町時代以前は「かり」と呼ばれており、現代俳句でも「かり」として詠むのが一般的。なお「かり」の名は、その鳴き声を元にしていると言われる。
古くから狩猟の対象として生活に溶け込んでいた雁は、文学上にも多く登場する。漢書の蘇武伝には、捕らえられた蘇武が、手紙を雁の足に結びつけて放ったという故事があり、そこから「雁の使い」「雁の玉章」という言葉が生まれた。60首あまりの雁の歌が載る万葉集にも、遣新羅使の和歌

天飛ぶや雁を使に得てしかも 奈良の都に言告げ遣らむ

のように「雁の使い」が詠み込まれている。
また「かりがね」という種類の雁が存在するが、もとは「雁が音」で、雁の鳴き声を言い表す言葉だったことが知られており、それが次第に「雁」全般を指す言葉に変化していき、現在では特定種を指す言葉になった。万葉集にも

我が宿に鳴きし雁がね雲の上に 今夜鳴くなり国へかも行く

という詠み人知らずの和歌をはじめ、多数が歌いこまれている。
紛らわしい季語に「雁渡し」があるが、これは、雁が渡ってくる9月から10月頃に吹く北風のことである。
「雁字」は、雁が飛ぶ様子をいう言葉であり、「雁の使い」にも通じ「手紙」のことも指す。

風の香の身につきそめし雁のころ  岸田稚魚
雲とへだつ友かや雁のいきわかれ  松尾芭蕉

インターネット歳時記


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA