俳句検索結果(季語から)



 

今日からは日本の雁ぞ楽に寝よ  小林一茶
雁やのこるものみな美しき  石田波郷(病鴈)
風の香の身につきそめし雁のころ  岸田稚魚
湖北より暮色の迫る雁のみち  本宮哲郎
雁なくや夜ごとつめたき膝がしら  桂信子
雁よりも高きところを空といふ  今瀬剛一
阿蘭陀の文字か横たふ天つ雁  西山宗因
幾行も雁過る夜となりにけり  松岡青蘿
雲とへだつ友かや雁のいきわかれ  松尾芭蕉
病雁の夜寒に落ちて旅寝かな  松尾芭蕉
雁は文字おほふや霧の韻塞  北村季吟
妻が夢子が夢雁や渡しつつ  石塚友二
山家集読終へて雁を聞にけり  室生犀星
紀の路にもおりず夜を行く雁ひとつ  与謝蕪村
旅人の雁をかぞへて日をかぞふ  山口青邨
小波の如くに雁の遠くなる  阿部みどり女
羽音さへ聞えて寒し月の雁  松岡青蘿
伊勢までのよき道づれよ今朝の雁  向井千子(伊勢紀行)

▶ 季語検索

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に