阿部みどり女

あべみどりじょ

1886年10月26日~1980年9月10日。本名はミツ。北海道札幌生まれ。第2代北海道庁長官・永山武四郎を父に持つ。高浜虚子に師事。長谷川かな女杉田久女とともに、大正期を代表する有名な女流俳人である。「駒草」創刊・主宰。句集「月下美人」で、第12回蛇笏賞受賞。ほかに「笹鳴」「微風」などの句集がある。

▶ 阿部みどり女の俳句


 阿部みどり女の年譜
1886年 明治19年 10月26日北海道に生まれる。
1910年 明治43年 結婚を機に東京に住むが、結核のため鎌倉で療養。
1912年 大正元年 俳句を始める。
1914年 大正3年 結核の全快とともに「ホトトギス」に投句。
1915年 大正4年 「ホトトギス」初入選の後、高浜虚子に師事。「ホトトギス」を中心に俳句を発表(*1)。写生を極めるために、洋画家の森田恒友にデッサンを学ぶ。
1921年 大正10年 長谷川零余子の「枯野」創刊に参加。
1927年 昭和2年 室積徂春の「ゆく春」創刊に参加。
1929年 昭和4年 婦人句会「笹鴨会」を起こす。
1931年 昭和6年 「河北新報」の俳壇の選者となる。
1932年 昭和7年 「駒草」創刊・主宰。
1940年 昭和15年 長男と夫を相次いで失う。
1944年 昭和19年 長女多美子と、その夫であり「河北新報」の重役であった一力五郎(俳号:杜野光)をたより、仙台に疎開(*2)。
1956年 昭和31年 河北文化賞を受賞。
1977年 昭和52年 1978年に蛇笏賞を受賞する「月下美人」刊行。
1978年 昭和53年 多美子の長男である一力健をたよって東京に移る。
1980年 昭和55年 9月10日死去(93歳)。
*1 1916年にホトトギスに開設された「婦人俳句会」で特に活躍。
*2 多美子は、1947年に夫・一力五郎が死去したのに伴い東京へ移ったが、阿部みどり女は仙台に残った。その多美子は、みどり女より先に亡くなっている。