俳句

俳人検索結果



高野素十 

ひつぱれる糸まつすぐや甲虫 
方丈の大庇より春の蝶  (初鴉)
繭玉や夕はやけれど灯しけり 
くもの糸ひとすぢよぎる百合の前 
小説を立てならべたる上に羽子 
甘草の芽のとびとびのひとならび  (ホトトギス)
空をゆく一とかたまりの花吹雪 
元日は大吹雪とや潔し 
年酒酌むふるさと遠き二人かな 
翅わつててんたう虫の飛びいづる 
づかづかと来て踊子にささやける 
薮入の母の焚く炉の煙たさよ 
なかなかに暮れぬ人出や花火まつ 
食べてゐる牛の口より蓼の花 
門弟の中のわが子や寒稽古 
あをあをと春七草の売れのこり 
いくつかの藍の言葉を女より 
街路樹の夜も落葉をいそぐなり 
探梅や枝のさきなる梅の花 
鴨渡る明らかにまた明らかに 
青桐の向ふの家の煙出し 
客ありて筍掘の小提灯 
桃青し赤きところの少しあり 
虫聞くや庭木にとどく影法師 
冬の蜂おさへ掃きたる箒かな 
漂へる手袋のある運河かな 
風吹いて蝶々迅く飛びにけり 
初蝶にかたまり歩く人数かな 
ひとならび甘草の芽の明るさよ 
野に出れば人皆やさし桃の花 
夕遍路雨もほつほつ急ぎ足 
わが星のいづくにあるや天の川 
蟷螂のとぶ蟷螂をうしろに見 
惜春の座に一人の狂言師 
雨少し雷少し第一夜 
猟犬は眠り主は酒を酌む 
川水を恋ふとはあはれ螢烏賊 
梅を貰ひ梅酒を貰ひ水戸一泊 
海地獄美し春の湖より 
上人に一人の客や残る花 
夏雲の下に砂金の町遠し 
菖蒲葺く庇の下を通ひ舟 
村の者来て夜語りや誘蛾燈 
雨やめば浜ひるがほを見に行かん 
蝶歩く百日草の花の上 
秋雷や旧会津領山ばかり 
つぎつぎと茗荷の花の出て白き 
一人にて渡舟にも乗り冬の山 
来る人に灯影ふとある雁木かな 
樏の高みを越えて行きしあと 
柴漬や簀建の中の波こまか 
弘法寺の坂下り来れば鶏合 
道ばたに早蕨売るや御室道 

【中古】 空 高野素十句集 (ふらんす堂文庫)
6653円(税込/送料込)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
 【バリューコネクト】