俳人検索結果



河東碧梧桐 

赤い椿白い椿と落ちにけり  (新聞日本)
この道の富士になり行く芒かな 
から松は淋しき木なり赤蜻蛉 
ひたひたと春の潮打つ鳥居かな 
三日月やこの頃萩の咲きこぼれ 
鳥渡り明日はと望む山夏野 
鞍とれば寒き姿や馬の尻 
谷深うまこと一人や漆掻 
螽飛ぶ草に蟷螂じつとして 
木枯や谷中の道を塔の下 
春寒し水田の上の根なし雲 
旅にして昼餉の酒や桃の花 
蔵持て農具もすずし温泉の宿 
猿酒や炉火に埋む壺の底 
春蝉のひやひやと鳴くや山の松 
磐梯の晴るる夜まれに後の月 
初燕見てよき駅や旅ごゝろ 
塔の下蟇出でゝ九輪睨みけり 
梅干にすでに日蔭や一むしろ 
霧晴れて川沿ひ霧の寒さかな 
出羽人も知らぬ山見ゆ今朝の冬 
独り帰る道すがらの桐の花おち 
牡蠣飯冷えたりいつもの細君 
北風に糞落し行く荷馬かな 
独言は家の宝や鬼貫忌 
淡雪や氷あとなき湖の上 
火の国も海の前後や風光る 
初雷やふるふが如き雛の壇 
金爛帯かがやくをあやに解きつ巻き巻き解きつ 
大風に傷みし木々や渡り鳥 
温泉の宿に馬の子飼へり蠅の声 
片富士の片そぎや雪の峰つゞき  (三千里)
人を見て蟹逃足の汐干かな 

都道府県別俳人一覧

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に