俳人検索結果



河合曾良 

かさねとは八重撫子の名成べし  (おくのほそ道)
卯の花をかざしに関の晴着かな  (おくのほそ道)
松島や鶴に身をかれほとゝぎす  (おくのほそ道)
卯の花に兼房みゆる白毛かな  (おくのほそ道)
蚕飼する人は古代のすがた哉  (おくのほそ道)
湯殿山銭ふむ道の泪かな  (おくのほそ道)
象潟や料理何くふ神祭  (おくのほそ道)
波こえぬ契ありてやみさごの巣  (おくのほそ道)
行行てたふれ伏とも萩の原  (おくのほそ道)
夏草に松の木やせる岡辺かな 
膝折るやかしこまりなく鹿の声  (鹿島詣)
をがみ伏して紅しぼる汗拭 
終宵秋風聞くや裏の山 
千貫目ねかせてせわし年の暮 
春に我乞食やめてもつくしかな 
剃捨て黒髪山に衣更  (おくのほそ道)
汗の香に衣ふるはな行者堂 

都道府県別俳人一覧

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に