俳句

俳人検索結果



日野草城 

冬の月寂寞として高きかな 
枕べにことしの春は立ちにけり 
春の灯や女は持たぬのどぼとけ 
ふりあふぐ黒きひとみやしやぼん玉 
万愚節妻の詐術のつたなしや 
人酔うて浴衣いよいよ白妙に 
ところてん煙のごとく沈みをり 
くれなゐをみどりを籠めて花氷 
ものの種にぎればいのちひしめける 
けふよりの妻と来て泊つる宵の春  (ミヤコホテル)
夜半の春なほ処女なる妻と居りぬ  (ミヤコホテル)
枕辺の春の灯は妻が消し  (ミヤコホテル)
をみなとはかかるものかも春の闇  (ミヤコホテル)
薔薇にほふはじめての夜のしらみつつ  (ミヤコホテル)
妻の額に春の曙はやかりき  (ミヤコホテル)
麗らかな朝の焼麺麭はづかしく  (ミヤコホテル)
湯あがりの素顔したしく春の昼  (ミヤコホテル)
永き日や相触れし手はふれしまま  (ミヤコホテル)
失ひしものを憶へリ花曇  (ミヤコホテル)
水かへて水仙影を正しけり 
初春や眼鏡のままにうとうとと 
初空や一片の雲耀きて 
大服茶やひとのなさけにながらへて 
初鏡娘のあとに妻坐る 
次の間に妻の客あり寝正月 
夜長寝てその後の雁は知らざりき 
物の種にぎればいのちひしめける 
白々と女沈める柚湯かな 
薫風の素足かゞやく女かな 
青雲と白雲と耀り麦の秋 
荒梅雨の降れば必ず人死ぬる 
わがいのちいよよさやけし露日和 
焼芋や月の叡山如意ヶ嶽 
凛々と目覚時計寒波来 
わが机眠る比叡を硯屏に 
あけぼのの白き雨ふる木の芽かな 
春昼や炊煙あぐる奈良ホテル 
春の蚊に鳴き寄られたる面輪かな 
風立ちぬ深き睡りの息づかひ 
思ふこと多ければ咳しげく出づ 
一点が懐炉で熱し季節風 
わが詩や真夜に得てあはれなりにけり 
うしみつにわが咳き入りて妻子覚む 
燃え出づるあちらこちらの花篝 
こひびとを待ちあぐむらし闘魚の辺 
くれなゐを籠めてすゞしや花氷 
火の色の透りそめたる潤目鰯かな 
朝な朝な南瓜を撫しに出るばかり 
白酒の酔のほのめく薄まぶた 
晩霜や生ける屍が妻を叱る 
栴檀の花のさかりの睡き昼 
清貧の閑居矢車草ひらく 
人知れぬ花いとなめる茗荷かな 
ウエートレス昼間は眠しアマリリス 
いちはつや親にやさしく古娘 
煮る前の青たうがらし手に久し 
じやがいもの花のさかりのゆふまぐれ 
そのかみの恋女房や新豆腐 
疲れたる紙幣を共同募金とす 
しびとばな生けて花買ふこともなし 
日あたりてぬくき素足やゆすら咲く 
撫で肩のさびしかりけり二日灸 
ボーナスを貰ひて青き芝を買ひぬ 
星移り物変りどてら古びけり 

【中古】 日野草城句集 / 日野草城, 室生幸太郎 / 角川書店 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】
3984円(税込/送料別)
カード利用可・海外配送不可・翌日配送不可
【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】 【もったいない本舗 楽天市場店】