俳句例句(季語から)



薔薇 

薔薇にほふはじめての夜のしらみつつ  日野草城(ミヤコホテル)
薔薇くづれ真昼のくらさひろがりぬ  西野晴子
薔薇食べるなら血の色の花がよし  能村登四郎
薔薇の香が今ゆき過ぎし人の香か  星野立子
たらたらと地に落ちにじむ紅さうび  高浜虚子
手の薔薇に蜂来れば我王の如し  中村草田男
夕風や白薔薇の花皆動く  正岡子規
ふところに朝刊薔薇を頒たれし  永井東門居
吹き満ちて雨夜も薔薇のひかりあり  水原秋桜子
夕焼消え真紅の薔薇を抱き来し  野見山朱鳥
己れ刺あること知りて花さうび  高浜虚子
愁いつつ岡にのぼれば花いばら  与謝蕪村
宴果ててまかるひとりに薔薇の雨  久保より江

▶ 季語検索

季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に 季語検索を簡単に