俳人検索結果



山口誓子 

さじなめて童たのしも夏氷 
海に出て木枯らし帰るところなし  (遠星)
麗しき春の七曜またはじまる 
名ある星春星としてみなうるむ 
つきぬけて天上の紺曼珠沙華 
ひとり膝を抱けば秋風また秋風 
一輪の花となりたる揚花火 
凍港や旧露の街はありとのみ 
学問のさびしさに堪へ炭をつぐ  (凍港)
夕焼けて西の十万億土透く  (晩刻 )
太陽の出でて没るまで青岬  (方位)
巨き船出でゆき蜃気楼となる 
遠足の女教師の手に触れたがる 
天耕の峯に達して峯を越す 
岩の間に手をさし入れて磯遊び 
塩田のゆふぐれとなる遍路かな 
ラレレラと水田の蛙鳴き交す 
炎天の遠き帆やわがこころの帆 
扇風器大き翼をやすめたり 
満開の海の岩岩船遊び 
蛍獲て少年の指みどりなり 
瓜貰ふ太陽の熱さめざるを 
死がちかし星をくぐりて星流る 
運動会庭の平を天に向け 
いつも忌に横顔の子規老いし子規 
一湾の潮しづもるきりぎりす 
手袋の十本の指を深く組めり 
ラグビーのジャケツちぎれて闘へる 
悴む手女は千も万も擦る 
除夜の鐘吾身の奈落より聞ゆ 
寄りて見る茶の花の蘂うひうひし 
よるべなく光あかるし夏の浜 
秋の燈が漁家より海へ乗り出す 
晩春の瀬々のしろきをあはれとす 
探梅や遠き昔の汽車に乗り 
察察と寒鴉の翼静臥の上 
臼を碾きやみし寒夜の底知れず 
草の穂を日に照らされて野は隠る 
開放の夏期大学を覗くもの 
麦の秋雀等海へ出てかへす 
虹のぼりゆき中天をくだりゆき 
一点の偽りもなく青田あり 
両肩に海南風の翼負ふ 
鏡中に西日射し入る夕立あと 
炊煙がかしこき松に夏まひる 
南風つのり湖東の城の鳴りわたる 
昼花火天の裂目にひびきわたる 
どこにこのしぶとき重さ西瓜抱く 
堪へがたし稲穂しづまるゆふぐれは 
水蜜桃を徒弟が顎にしたたらす 
ラグビーの巨躯いまもなほ息はずむ 
緯度高く船の暖房通ひそむ 
ことごとく木枯去って陸になし 
虎落笛叫びて海に出て去れり