季語|新涼(しんりょう)

初秋の季語 新涼

秋涼し(あきすずし)涼新た(りょうあらた)

新涼の俳句と季語凉しは夏の季語であるが、新涼は秋の季語となる。初秋のころの涼しさをいう。この頃、ひと雨ごとに涼しさを増す。
「新涼灯火」という言葉があるが、この頃、明かりの下で読書をするのに丁度よい。

【新涼の俳句】

秋涼し手毎にむけや瓜茄子  松尾芭蕉
新涼や起きてすぐ書く文一つ  星野立子
新涼や白きてのひらあしのうら  川端茅舍

 インターネット歳時記