雪(ゆき)

晩冬の季語 

吹雪(ふぶき)雪しまき(ゆきしまき)深雪(しんせつ・みゆき)・六花(ろっか)

季語雪の結晶は、六角形を基本とし、様々な形状がある。温度が比較的高いと、平らな六角形の「角板」。温度が低くて湿度が低いと、柱状の六角形の「角柱」。温度が低くて湿度が高いと「針」となる。「初雪」は初冬の季語、「淡雪」「牡丹雪」は春の季語となる。
古くから、雪を見て豊穣を占い、大雪は豊作になると言われてきた。このことから、雪は神聖なものとしてとらえられ、物忌みを意味する「斎潔(ゆきよし)」に雪の語源があるといわれる。万葉集には、 山部赤人の有名な和歌

田子の浦ゆうち出でて見れば真白にぞ富士の高嶺に雪は降りける

など、155首の歌を載せる。

酒のめばいとど寝られぬ夜の雪  松尾芭蕉
これがまあ終のすみかか雪五尺  小林一茶
いくたびも雪の深さをたずねけり  正岡子規
降る雪や明治は遠くなりにけり  中村草田男



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA